ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

アルゴリズム

衛星データ・シミュレータ
Joint-Simulator

諸情報

成果品 数値気象モデルの仮想的な大気データから計算した衛星センサの疑似観測データ
提供URL http://www.eorc.jaxa.jp/theme/Joint-Simulator/userform/js_userform_j.html
品質(精度など) 雲・降水レーダ、ライダ、広帯域放射計、可視・赤外イメージャ、マイクロ波放射計の疑似観測データ(出力の疑似観測データの分解能は入力した数値気象モデルの分解能による)
利用用途 衛星データによる数値気象・気候モデルの検証
事業等での利用実績
  • 気象庁(数値気象モデル評価)
  • 独立行政法人海洋研究開発機構(数値気象モデル評価)
  • 独立行政法人理化学研究所(数値気象モデル評価)
  • 大学(数値気象モデル評価)
利用ポリシー 「標準データ」に準拠
ただし、商業・業務目的の利用の場合は連絡
カスタマイズ可/不可 共同研究等の枠組みで技術的に可能な範囲で可
共同研究機関 東京大学

具体例

NICAM3.5km分解能シミュレーションデータへのJoint-Simulator 適用例(Hashino et al. 2013)

a)静止気象衛星観測(IR 10.8μm)

b)全球雲解像大気モデルNICAMにJoint-Simulatorを適用した疑似衛星データ

a)とb)を比較することにより、NICAMが雲の水平分布をよく再現ができていることが分かる。

a)静止気象衛星観測

b)全球雲解像大気モデルNICAMにJoint-Simulatorを適用した疑似衛星データ

シミュレーションできるセンサ名称とその詳細

センサ名称 アルゴリズムの詳細
可視・赤外イメージャ
RSTAR6b(Nakajima & Tanaka 1986,1988)
雲・降水レーダ
EASE(Okamoto et al. 2007, 2008; Nishizawa et al. 2008),
Masunaga & Kummerow(2005)
ライダ EASE, Matsui et al.(2009)
マイクロ波放射計
Kummerow(1993)
広帯域放射計
MSTRN-X(Sekiguchi and Nakajima 2008),
CLIRAD(Chou and Suarez 1994,1999; Chou et al.2001)
本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
ページTOP