ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

データセット

衛星全球降水マップ(GSMaP)(世界の雨分布速報)

諸情報

成果品 複数の衛星を利用した世界の雨分布データセット
品質(精度など)
  • 物理量:降雨強度 [mm/hr]
  • 空間分解能:緯度経度0.1度格子(赤道付近で約11kmメッシュ)

  • 【準リアルタイム版】
  • 領域:全球(南緯60°~北緯60°)
  • 時間分解能:1時間
  • 更新頻度:1時間毎(観測終了から約4時間遅れ。適宜標準版に差し替え)
  • RMSE:0.41mm/hr(平均)
  • 提供URL http://sharaku.eorc.jaxa.jp/GSMaP/index_j.htm

    【リアルタイム版】
  • 領域:静止気象衛星「ひまわり」観測域
  • 時間分解能:1時間(1時間の平均雨量)
  • 更新頻度:30分毎(リアルタイム相当)
  • RMSE:NRTと同等、または少し低い
  • 提供URL http://sharaku.eorc.jaxa.jp/GSMaP_NOW/index_j.htm
利用用途 気象、災害、教育、気候、環境、海洋、農業
(気象情報サイト、洪水予警報、科学教育教材、穀物収量予測等)
事業等での利用実績
  • 一般財団法人日本気象協会
  • 独立行政法人水資源機構
  • 国立研究開発法人土木研究所
  • 一般財団法人国際建設技術協会(IDI)
  • ユネスコ受託業務のパキスタン案件
  • 「触れる地球」「World Eye(学研)」の商品コンテンツに画像を提供
  • 報道番組等TV放映での利用多数
利用ポリシー 「標準データ」
カスタマイズ可/不可 ローカルカスタマイズなど、共同研究等の枠組み下で実施の場合は可
共同研究機関 JAXA、気象庁、京都大学、大阪大学、東京大学の共同研究でアルゴリズム改良

具体例

2011年タイ洪水観測例(国際建設技術協会による)各年の7-9月の累積雨量をチャオプラヤ河流域で平均した雨量

本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
ページTOP