ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

プロダクト

しずく「GCOM-W」水循環変動プロダクト

諸情報

成果品 GCOM-W搭載AMSR2データから算定した各種水循環変動プロダクト
提供URL https://gcom-w1.jaxa.jp/
※2013年1月25日からAMSR2プロダクトを提供中
品質(精度など)
  • 物理量、領域、空間分解能、精度はURLを参照
  • 観測頻度は緯度に依存し、赤道域は2日でほぼ網羅、極域は1日に複数回観測可能
  • 観測後約150分(準リアルタイムプロダクト)、1日(標準プロダクト)で提供可
利用用途 気象、災害、教育、気候、環境、海洋、農業
気象予測、北極海航路海氷監視、黒潮などの海洋監視、漁場把握、大規模作況把握、教材作成
事業等での利用実績
  • 気象庁(数値天気予報、海面水温・台風他)
  • 海上保安庁(海氷速報、海洋速報他)
  • 農林水産省(海外食料需給レポート)
  • NOAA、ECMWF(各種気象業務)
  • ウェザーニュース社(海氷予測事業)
  • 漁業情報サービスセンター(漁海況情報)
利用ポリシー 「標準データ」
カスタマイズ可/不可 共同研究等の枠組みで技術的に可能な範囲で可
共同研究機関 プロダクト毎に大学・他機関と共同でアルゴリズム開発・改良、検証を実施
本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
ページTOP