ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

森林Pair

ロンドニア / ブラジル

観測日時: 2014/9/9 4:34(UTC)

観測モード Fine Mode Dual Polarization(FBD)
偏波 Dual Pol(HH/HV)
入射角 44.4 deg.
処理レベル L1.5 Geocoded
シーンID ALOS2015976960-140909
Path-Frame 26-6960

サンプルデータダウンロード

ロンドニア サンプルデータ(1.38MB)

2009年PALSAR画像と2014年のPALSAR-2画像の比較

左:PALSAR 2009 ロンドニア、ブラジル、右:PALSAR-2 2014/9/9 ロンドニア、ブラジル

左:PALSAR 2009 ロンドニア、ブラジル、
右:PALSAR-2 2014/9/9 ロンドニア、ブラジル

ブラジルにはアマゾンを中心として広大な熱帯雨林が広がっています。ブラジルでは森林での違法伐採が深刻化し、国家プロジェクトとして取締を強化、日本もJAXAがALOS/PALSARデータを提供し、JICA事業として違法伐採監視システムの構築をすることで協力し、違法伐採を減少させる効果が得られました。
PALSAR-2に代表されるレーダを森林モニタに利用することは、ほとんど雲に覆われている熱帯雨林において大きなメリットがあります。またPLASAR-2のような波長の長いレーダは、短いレーダよりも森林の現象を把握するのに適しています。
PALSAR-2での観測結果を、2009年に観測されたPALSARのデータと比較した所、顕著に伐採が進んだ地域は見られませんでした。今後、分解能や観測性能が向上したPALSAR-2で監視の目を光らせ、森林保全を継続していくことに期待がかかります。

本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
ページTOP