ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

データサンプル

JAXAの地球観測衛星と観測画像をご紹介します。

ALOS-2(だいち2号)

2014年5月24日打ち上げ
ALOS(だいち)の後継機として、災害状況把握、農林漁業、海洋観測、資源探査等、多目的の利用を目的に開発された衛星。
昼夜問わず雲や噴煙を透過して地表面を観測できるため、火山や地殻変動等の災害状況把握を初め、各分野で利用されている。

ALOS-2サンプル画像

※赤、緑、青にHH, HV, HH/VV偏波の各画像をそれぞれ割り当てた偏波カラー合成画像

SARデータの利用提案

ALOS-2データの利用提案をまとめました、「ALOS-2 SOLUTION BOOK」を作成しました。
こちらからPDFをダウンロードできます。

ALOS(だいち)

2006年1月24日打ち上げ、2011年5月12日運用停止
地球規模の環境観測を高精度で行うことを目標に、地図作成・地球観測・災害状況の把握・資源探査など、幅広い分野での利用を目的に開発された衛星。
災害被害観測、ブラジルの熱帯雨林における違法伐採や日本国内の不法投棄監視、国土地理院の作成する地図への適用など、さまざまな成果を挙げた。

GOSAT(いぶき)

2009年1月23日打ち上げ
地球温暖化の原因と言われている、温室効果ガスの中でも主要な二酸化炭素・メタンの濃度や増減を、地球表面のほぼ全域にわたって観測する衛星。
気候変化を予測して、干ばつ、熱波、洪水等の気象現象のリスクの先回り、温室効果ガスの排出削減等、世界規模での環境変化の観測に役立っている。

二酸化炭素の全球カラム平均濃度分布(2013年4月)

二酸化炭素の全球カラム平均濃度分布(2013年4月)

メタンの全球カラム平均濃度分布(2013年4月)

メタンの全球カラム平均濃度分布(2013年4月)

しずく(GCOM-W1)

2012年5月18日打ち上げ
降雨量、水蒸気量、海面水温、土壌水分、雪氷等、地球の水循環を観測する衛星。
地球全体を長期間(10~15年)観測することによって、水の循環のメカニズムを解明する事を期待されている。気象予測だけでなく、漁業にも役に立っている。

可降水量

可降水量

海面水温

海面水温

GPM/DPR

2014年2月28日打上げ
地球全体の降雨を観測する日米共同開発の衛星。
水資源の管理、天気予報の精度向上、洪水警報システムの改善、異常気象の解明など、水に関わる様々な分野での活躍が期待されている。

TRMM

1997年11月28日打ち上げ、2014年10月7日運用停止
地球全体の降雨量のうち約3分の2を占める熱帯域(緯度が±38度より赤道側)の降雨を観測する衛星。
日米共同プロジェクトで、気象予報だけでなく異常気象や地球温暖化現象など、地球規模の気象変動メカニズムの解明に役立っている。

本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
ページTOP