ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。
  • HOME
  • お知らせ
  • 「衛星データの利用拡大に向けたビジネスモデルの募集」の結果について

「衛星データの利用拡大に向けたビジネスモデルの募集」の結果について

2014年5月20日

宇宙航空研究開発機構(JAXA)衛星利用推進センター(SAPC)は、平成26年2月12日に、「衛星データの利用拡大に向けたビジネスモデルの募集」を行いました。

平成26年2月12日~3月14日の公募期間に合計13件のご応募を頂きました。その後、ご応募の各企業グループ様と調整を行い、「実現の可能性・妥当性」「提案の新規性・独自性・波及効果」「遂行能力」の観点で厳正なる審査を実施いたしました。 採択数は下表のとおりです。なお、条件付採択は、平成26年度末までフィジビリティスタディを実施し、事業化に目処がつきそうな案件を本採択といたします。

JAXAは、今後平成28年度までの3ヶ年に渡り本採択の企業グループ様と連携協力し、地球観測衛星から得られた衛星データが、多彩なビジネスシーンで活用され、ビジネスに役立つ社会インフラになるように努力してまいります。

表 パイロットプロジェクト審査結果

既存/新規 分野 採用数 条件付採択
これまでに衛星データの利用実績がある分野 海洋 1 1
防災 1
資源 1
新規に開拓する利用分野 防災 1
経済 1
エネルギー 1
教育 1
本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
ページTOP