ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

お知らせ

2019年

2019年6月11日
南極半島の氷河の一つが英国政府によって、「Alos 氷丘」(ALOS Ice Rumples)と命名されました。
今回同時に命名された地球観測衛星は、EUのERS、ENVISAT、Cryosat、Sentinel、GRACE(独・米)、Landsat(米)です。
2019年5月15日
「高分解能リモートセンシング衛星シンポジウム」を開催いたしました。
2020年打ち上げ予定の、先進光学衛星(ALOS-3)、先進レーダー衛星(ALOS-4) の現状と今後の取り組みがディスカッションされました。
2019年3月11日
御茶ノ水ソラシティにて、陸域観測技術衛星2号「だいち2号」利用シンポジウムが開催されました。
2019年5月に5年間の定常運用期間の完了を迎える予定の「ALOS-2」利用の成果を、産官学で講演を通じて共有しました。
発表資料は こちら

2018年

2017年

2016年

2015年

2015年12月18日
国際協力のページに『地球観測衛星データ利用事例集(サマリ)』を掲載しました。
2015年12月14日
「陸域観測技術衛星2号「だいち2号」データ利用シンポジウム」の資料公開
2015年11月30日
OPEN APIサイトを移設しました。
2015年11月26日
UNFCCC第21回締約国会合(COP21)におけるJAXAの活動
2015年11月18日
地球資源衛星「ふよう1号」(JERS-1)のプロダクトを一般の方にも無償提供開始しました。
詳しくは、G-Portal(地球観測衛星データ提供システム)をご覧ください。
2015年11月13日
防災・災害監視のページに『宇宙からの災害監視 「だいち2号」災害事例集2014~2015』を掲載しました。
2015年10月30日
サイトカラーが変わりました。
利用分野に『利用者インタビュー』を追加しました。
2015年10月19日
「陸域観測技術衛星2号「だいち2号」データ利用シンポジウム」の『プログラムおよび参加申込み』を更新しました。
皆様のご参加、お待ちしております。
2015年09月28日
地球観測衛星データ利用シンポジウム2015 —行動判断のための地球観測— の開催について
2015年09月14日
「陸域観測技術衛星2号「だいち2号」データ利用シンポジウム」の開催について
2015年06月23日
【CNES発表】CEOSラウンドテーブルの開催について
2015年05月13日
国土交通省九州地方整備局との協定締結
2015年04月15日
パイロットプロジェクト平成26年度継続審査の結果について(衛星データの利用拡大に向けたビジネスモデル)
2015年04月1日
ホームページをリニューアルしました
2015年03月24日
衛星データ利用教育アプリ」今春リリース~「衛星データの利用拡大に向けたビジネスモデル」採択プロジェクト~
2015年02月16日
「全世界デジタル3D地形データ」アカデミックサポートキャンペーン
2015年02月02日
JAXA主催 ALOS2/PALSAR-2データによる社会インフラ維持管理のための業界向け研修

2014年

本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
ページTOP