ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

気象・環境での利用

気象衛星は雲の動きや海の表面温度を観測し、私たちが普段利用している天気予報に役立てられています。気象衛星は、人間が目で見るのと同じように可視光線を感知して、昼間の雲の動きを観測しています。また赤外線を感知することで、夜でも雲の動きや海や雲の表面の温度を計測することができます。地球上で問題となっている地球温暖化対策としては、温暖化の原因となるメタンや二酸化炭素などのガスの観測や森林伐採の監視を行っています。

気象・環境分野の事例

本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
ページTOP