ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

防災・災害監視での利用

震災や洪水、地滑りなどの災害発生時に一刻も早く被災地の状況を知ることが、多くの人命を救う結果につながります。衛星データから検出した地盤変動の情報は、被災地の特定や被害状況の把握に役立てられます。今後は災害に備える「防災」も含め、災害発生後の「減災」、さらに災害を乗り越える「復旧」における貢献がより一層期待されます。また、地盤の変動を示すデータは、日ごろから地下構造物の建設計画や地滑り対策にも利用され、災害に強いまちづくりに貢献しています。

防災・災害監視分野のモデルケース

防災・災害分野の事例

本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
ページTOP