ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

農林・水産での利用

農業では、衛星データから小麦の水分量を解析して適切な収穫時期を予想できるシステムや、水田ごとのタンパク質含有量を測定して米の食味を評価できるシステムが既に実用化されており、大規模農業の管理や国や自治体による農業政策に、今後より一層役立つものと期待されています。
林業では、人や車が入れない森の奥の様子も人工衛星を使えば一目で把握することが可能で、森林簿の作成や間伐事業など森林管理に幅広く活用されています。
また漁業や水産業においても、人工衛星から観測できる潮の流れや温度分布、海中に存在する植物プランクトン濃度は、漁場の決定などに有効利用されています。

農林・水産分野のモデルケース

農林・水産分野の事例

本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
ページTOP