株式会社 ビジョンテック

設立年
1997年
資本金
20,000,000円
社員数
15名
(リモートセンシング専属、博士5名)
URL
http://www.vti.co.jp
担当部署
(製品問合せ窓口)
営業部 sales@vti.co.jp
製品・サービス
 人工衛星、ドローン、カメラ、センサー等による最先端のリモートセンシング・サービスを提供しています。たとえば、【農業・漁業】水稲圃場モニタリングサービスAgriLook(アグリルック)*1、セミリアルタイム漁業情報サービス、【環境・防災】海上流出油自動認識システムMAOGOD、マレーシア国の水害・地すべりを対象としたクラウド型空間情報データベースシステムHazardWatcher、【機器】衛星受信アンテナ設備、近赤外線デジタルカメラ、小型無人機(ドローン)搭載用マルチスペクトルカメラ等のセンサー機器、360°地球ディスプレイ装置OmniGlobe、【システム開発】研究・教育・金融・農業分野等におけるリモートセンシング・GISデータベース等の開発、【ソフトウェア】AgiSoft PhotoScan(高解像度オルソモザイク処理ソフト)、【データ】NOAA/MODISの全球10days-NDVIやDMSP-OLSのクラウドフリーデータセットの作成やFY2-G、DMSP/OLS, Suomi-NPP-VIIRS/DNBのデータの受信・セミリアルタイム配信サービス、【解析・調査】衛星画像データの解析・分析や調査、加工処理サービス等々。
PR
 ビジョンテックは、リモートセンシング専門会社として20年の実績があるグローバルベンチャー企業で、研究学園都市「つくば」を拠点に、国内・海外の研究機関・大学・政府・自治体・民間企業との連携により、様々な産学官連携プロジェクトに参画するなどし、衛星リモートセンシングデータからの情報抽出の技術やその利用・応用技術の開発を行い、必要な情報の抽出やユーザのニーズに沿った「利用」に結び付ける仕事を主業務としています。

*1例えば、「水稲圃場モニタリングサービスAgriLook(アグリルック)」は、これまでに弊社が蓄積してきた技術を結集した農業向け情報提供サービスシステムで、衛星データの致命的欠点であった「被雲による欠測」という問題を解決し、水稲圃場の変化状況を把握するのみならず、水稲の生育状況を確認しながら品質管理に役立つ情報を提供する営農管理情報サービスとして確立したもので、内閣府の「衛星データをビジネスに利用したグッドプラクティス事例集」に掲載され、同府のホームページにも掲載されています。
(http://www8.cao.go.jp/space/goodpractice/goodpractice-h.pdf)
企業一覧に戻る