株式会社エヌ・ティ・ティ・データ

設立年
1988年
資本金
142,520,000,000円
(2015年3月31日現在)
社員数
11,110名
(単独/2015年3月末現在)
URL
http://www.nttdata.com/
http://www.aw3d.jp/
担当部署
(製品問合せ窓口)
e-コミュニティ事業部 第三営業担当
Tel:050-5546-2507
alos-world3d@kits.nttdata.co.jp
製品・サービス
 株式会社NTTデータは、米国DigitalGlobe社衛星画像の日本国内の公共・民間分野を対象とする総代理店です。
 NTTデータ独自の衛星画像プロダクトを加えて、より高品質で使いやすい衛星画像サービスを提供しています。
 独自の衛星画像プロダクトとして、全世界デジタル3D地形データ「AW3D®」を展開しています。

■AW3D®標準版(5m)
 国立研究開発法人宇宙航空研究開発機構(JAXA)の陸域観測技術衛星「だいち(ALOS)」のPRISMセンサで撮影された衛星画像を使って、世界最高水準の5m解像度で世界中の陸地の起伏を表現している3D地形データを提供します。当社と一般財団法人リモート・センシング技術センターが共同でサービスを提供しています。
■AW3D®高精細版(2m)
 民間衛星で世界最高の解像度を誇る米国DigitalGlobe社の衛星画像を活用し、2m解像度高精細標高データ(DSM/DTM)を提供します。従来の衛星画像から作成する標高データでは再現が難しかった「建築物」レベルの細かな起伏の表現、「大縮尺」レベルの高い精度での標高値の活用が可能です。
PR
 NTTデータは、1988年に日本電信電話株式会社から分社して以来、システム構築事業・ネットワークシステムサービス事業・ITサービス事業を実施している日本最大の専業システムインテグレーターです。情報技術で、世界中の新しい「しくみ」や「価値」を創造し、より豊かで調和のとれた社会の実現に貢献することを目指しています。

 リモート・センシングの分野では、地球観測衛星データの受信・販売及び加工に至る長年の実績があります。それらのノウハウと経験を基に、特に、高度な情報処理技術を活用した付加価値プロダクトの加工やサービスの提供に強みを持っています。具体的には、空間情報基盤データ(オルソ画像、DEM等)、防災分野等の解析プロダクト、各種コンサルティング・キャパシティビルディングの提供、更には、地球観測衛星データを活用した地理空間情報システムおよび情報配信に関するサービス(NSDI)を行っています。
企業一覧に戻る