ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

地理情報

国土開発の土台となるアフリカ地域の地形図作成に協力

概要

CODIST-IIの特別セッションの様子

CODIST-IIの特別セッションの様子

JAXAは、国際協力機構(JICA)との間で、相互の連携協力を強化するための連絡協議会を開催しており、防災、環境管理、自然環境、水資源、農業、都市・地域開発等の分野において、具体的な連携協力の創出に向けて話し合いを行っています。

5月3~5日、エチオピア・アジスアベバで開催された第2回国連アフリカ経済委員会開発情報と科学技術委員会(CODIST-II)(アフリカ地域約40ヵ国から約400名が参加)の特別セッションに、JAXAは、JICA、国土地理院、航空測量会社3社とともに参加しました。「地理空間情報を活用した科学技術」をテーマにした本セッションでは、我が国の衛星・測量技術等を活用した地理空間情報の整備を促進するため、JAXAからは、アフリカ地域での地形図作成・更新への「だいち」データの利用可能性や、衛星画像を用いた東日本大震災の被害状況の把握等について紹介を行いました。

本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
ページTOP