ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

防災・災害監視

岩手・宮城内陸地震

災害発生時期 2008年6月
災害種別 地震
発生場所 岩手県内陸部
提供先 国土地理院、警察庁、内閣府
使用している衛星/
衛星センサー
ALOS(だいち)/PRISM(プリズム)、AVNIR-2(アブニールー2)、PALSAR(パルサー)

2008年6月14日 午前8時43分頃、岩手県内陸部を震源とする地震に関して、陸域観測技術衛星「だいち」(ALOS)搭載のAVNIR-2(アブニール・ツー)およびPRISM(プリズム)による現地の緊急観測を実施しました。

図1 2008年7月2日10時27分頃、センサ:AVNIR-2(アブニール・ツー)
水色枠(四角):鳥瞰図(図2)の範囲範囲、黄色枠:図3~7の範囲

写真 図1

図2: 荒砥沢ダム北側の土砂崩れ
(PRISM/AVNIR-2パンシャープン画像による鳥瞰図。荒砥沢ダム北側からの眺望)

図2は宮城県栗原市の荒砥沢ダム北側の土砂崩れをダム北側から眺めた様子です。画像手前側の幅は約1.5kmですが、土砂崩れの規模がいかに大きいかがわかります。また、ダム北側の沢でも斜面が大きく崩れており、それにより川の水が堰き止められて溜まっていることがわかります。震央からこの付近までは約15kmです。

図3:荒砥沢ダム付近、図4:一迫川上流地域付近、図5:東栗駒山東斜面付近(左: 被災後、右: 被災前)

図3は荒砥沢ダム付近の災害前後の画像です。同じ地域を約6km四方で切り出しています。図2の鳥瞰図とほぼ同じ地域ですが、鳥瞰図の範囲には含まれなかったダム北西の冷沢でも広範囲に崩れているところがわかります。
図4は一迫川上流地域付近の災害前後の画像です。同じ地域を約6km四方で切り出しています。いたるところで土砂による堰止湖が形成されているのがわかります。
図5は東栗駒山東斜面の災害前後の画像です。同じ地域を約6km四方で切り出しています。東斜面にあるドゾウ沢の土砂崩れや、県道42号線が土砂で覆われている様子がわかります。

図6: 真湯温泉付近、図7: 磐井川流域(左: 被災後、右: 被災前)

図6は真湯温泉付近の災害前後の画像です。同じ地域を約6km四方で切り出しています。土砂により鬼越沢川が堰き止められ川幅が広がっている様子がわかります。
図7は磐井川流域の災害前後の画像です。同じ地域を約6km四方で切り出しています。いたるところで土砂による堰止湖が形成されているのがわかります。

本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
ページTOP