ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

土木・建設海洋

関東地方整備局、国土技術政策総合研究所との遠隔離島における港湾整備・施設管理への衛星AISデータの活用について

概要

JAXA、関東地方整備局および国土交通省国土技術政策総合研究所は、通信手段の確保が困難な遠隔離島において、 平成23年度に打ち上げ予定の小型実証衛星(SDS-4)(※1)が取得するAIS(※2)データについて、 港湾整備への活用の可能性についての検証、北太平洋等AIS地上局の設置が困難な外洋海域における船舶動静把握への有効性等についての検証、 更に、ALOS-2のレーダ画像と衛星AISを組み合わせた実証実験計画の検討について、共同研究を開始します。

※1 SDS-4は、第一期水循環変動観測衛星「しずく」(GCOM-W1)との相乗りでH-ⅡAロケットにより打ち上げられる予定です。

※2 AIS:Automatic Identification System 船舶自動識別装置衛星AISは、沿岸域に限定されているAISの範囲を、宇宙からAIS信号を取得することで全球に広げる新しい技術。

国土交通省 関東地方整備局プレスリリース

本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
ページTOP