ページの先頭です。
本文へジャンプする。
ここからサイト内共通メニューです。
サイト内共通メニューを読み飛ばす。
サイト内共通メニューここまで。
ここから本文です。

農林・水産

北海道の水田地帯の農地の季節変動の把握研究

概要

北海道立中央農業試験場では、北海道の水田地帯(長沼町)を対象に、複数時期の観測画像を使って、水稲、小麦、大豆、小豆、てんさい、たまねぎなど、地域の主要な作目の判別や生育状況を、効率よく把握することができました。

このほか、東北大学大学院農学研究科では、日本全土にわたる田植えの状況を観測画像の利用によって把握する取組を行っていますが、本格的な利用はこれからに期待されています。

使用している衛星/衛星センサー

ALOS(だいち)、AVNIR-2(アブニールー2)

本文ここまで。
画像:人工衛星の情報を掲載 サテライトナビゲーター
画像:ロケットの情報を掲載 ロケットナビゲーター
画像:宇宙から見た地球を紹介 地球観測研究センター
ページTOP